主婦だけのものではなくなりつつあるパート

「パート」というと、主婦によく利用されているイメージが強いですが、近年は若い世代で増えている「新卒パート」や、定年後も働く意欲のある60代や70代の「高齢者パート」なども非常に増えており、老若男女に利用される雇用形態へと変わりつつあります。

パートを選ぶ理由

人それぞれにパートを選択した理由があります。若い世代の場合には正規雇用となれなかったため、パートから始めてステップアップを目指すという人が多いそうです。近年はパー後から正社員への転換というのが注目されており、少しでも多く正規雇用を生み出そうと努力している企業は増えてきています。
また主婦の中にも、若者と同様に正規雇用を目指す人はたくさんいます。ただ若い世代ほどその割合は多くはなく、家事や子育ての合間に行いたいからという理由でパートタイムを選択する人も多いでしょう。

一方で高齢者パートの場合には、空いた時間を有効活用したいだとか、脳や体を使い続けていないと不安に感じるといった理由からパートで働いている人が多いようです。金銭やスキルアップに対しての執着は若い世代ほど持っていませんが、働くということに生きがいを感じ、多くの人が楽しんで仕事に取り組んでします。

パート探しは慎重に

働く環境というのは非常に大切で、待遇や賃金に不満を抱えながら仕事をしていてもストレスは溜まるばかりです。仕事を決めてから後悔しても、次の仕事を決めるまでにはなかなかの労力を要します。
そうならないためにも、まずはパート探しの段階から慎重さを持ち、失敗のないようにしましょう。そうすることでやりがいのある仕事ができ、充実したパートライフをおくれるはずです。

主婦の求人情報なら
インテリジェンスのan